メインイメージ

中古車オークションの入札結果と対応

中古車オークションの入札結果と対応

中古車オークションにはたくさんの車が出品されていますので、依頼者が出品した車両に必ずしも良い結果が出るとは限らないという特徴があります。中古車オークションを利用する代行業者は、落札した車両を売却することで利益を得ますし、逆に買い取りした車両をセリにかけることで利益を出しますので、市場の動向や人気度によって程度の良い車両を中心に応札が行われます。程度がよく販売しやすい車ほど高値で競り落とされますが、人気がなくコンディションの悪い車は安く競り落とされるか買い手がつかない不成立となるのです。中古車オークションでは必ずしも良い結果だけが出るとは限りませんので、競りに掛ける場合には駆け引きや工夫が必要になってくるのです。中古車オークションでは出品者が価格設定を行うことが可能です。スタート価格や売り切り価格などがありますが、価格設定によっては入札の状況が変わることがありますので、駆け引きの難しい部分となります。スタート価格とは文字通りセリの開始時の価格となります。高額に設定することも可能ですし、意図的に安く設定することも可能です。売り切り価格とは、設定した価格以上にならなければ売却しないという意味を持っています。呼び方は様々ですが最低落札価格や即決価格などの表現が使われていますので、設定金額以下となれば不成立となってしまいます。逆に売りきり価格を設定しない車両を売りきり車両と呼び、応札者がいれば落札成立となります。売り切り車両とは売り切り価格を設定していないため、最低落札価格がない状態となりますので、安く落札できる場合もありますし逆に価格が高騰してしまう場合もあります。売り切り価格の設定がない場合では安く落札されてしまいますが、売り切り車両には注意する点もあるのです。オークションにはコンディションの良い状態の車両しか出品されないわけではなく、コンディションの劣悪な車両ももちろん出品されます。外装のコンディションは最高点でも内部の機関は査定ランクの点数が付けられているなど、特殊な車両が多くなります。またコンディションが良くても過走行の場合など売り切り車両で出品する理由には様々な理由があります。中古車オークションで落札や出品をする場合には、依頼する代行業者の車両を見極める目が重要になってきます。売却する場合には良い結果が出やすいように価格設定に工夫をすることも大切ですから、代行業者の査定能力が重要なのです。

Copyright© 2014中古車オークションを効率よく活用しよう All Rights Reserved.